蘇れ、D51 10!
-蒸気機関車 D51形10号機 修復作業-

毎月第3日曜日を「保守整備の日」として、本機の修復作業を進めて参ります。

【第11回 保守整備について】
実施日時 平成30年5月20日(日) 9:00~
(天候等により変更の場合がございます)
こちらは、毎月第一日曜日開催の「定期保守」とは異なり
「当日飛び入り参加」は出来ません。
参加を希望される方は、事前に当倶楽部へお問合せをお願い致します。

  お問合せ先  NPO法人汽車倶楽部(担当:北野)
       
 (TEL)0949-26-9600 

<これまでの作業実績>

第9回 平成30年3月18日
 この日は動輪部分の塗装剥離(ケレン)作業が中心。複雑な形状のため、狭い内部に入っての作業など、奮闘していました。同時に運転室内部の作業も進め、また炭水車にも着手しました。
 この日は地元テレビ局のロケ取材も行われました。放送日は未定ですが、分かり次第ご案内させて頂きたいと思います。。
 
第8回 平成30年2月18日
 前回と同じくが県内外から、遠くは和歌山からはるばる参戦の方も含め、計13名での作業。
運転室屋根や動輪部分の塗装剥離(ケレン)作業を行いました。
 この日は天候にも恵まれ、この時期としては久々に気温も上がって、作業を進めやすかったのではないでしょうか?一部のメンバーは。D51の作業と並行して修復を進めている、C11形131号機の窓枠部品の修理作業も行っていました。
  
第7回 平成30年1月21日
  今年最初の保守整備は、会員はじめ県内外から13名のメンバーが参加して、前回の作業で
 取り外した給水温め器&蒸気溜めのカバーや、動輪廻りなどのケレン作業及び錆止め塗布を、
 日が落ちる直前まで行いました、お疲れ様でした!
 
第6回 平成29年12月17日
  本格的な冬到来。この日は朝から雪が舞って、集合時間の午前9時時点では、「作業が出来る
  のか」という感じでしたが、しばらくして雪は止み、晴れ間も出てきました。
  その後は雪/雨等もなく、無事に作業を進めることが出来ました。
  本機の愛称「なめくじ」の所以でもある給水温め器&蒸気溜めのカバー取り外し、更には「サンタ
  クロース」の登場で大いに盛り上がりました。
 
第5回 平成29年11月18~19日
  台風と雨天のため、3ヶ月ぶりの作業となりました。
  11/18(土)は午後から、有志の方で作業を行い、夕方からは「慰労会」。直方で宿泊して
  翌日の作業に突入!お疲れ様でした!!


第4回 平成29年8月20日
  第4回は、12名の方が参加しての作業でした。
  先月同様に真夏の日差しが照りつける下、ブルーシートを貼って「日除け」代わりに作業を
  行いました。
  元の塗装を剥がす作業は相変わらず「悪戦苦闘」ですが、それでもボイラーの左半分はほぼ
  剥がしました。
 
第3回 平成29年7月16日
  第3回は、9名の方が参加しての作業でした。
  真夏の日差しが照りつける下、ブルーシートを貼って「日除け」代わりに作業を行いました。
 
第2回 平成29年6月18日
  第2回は、8名の方が参加しての作業でした。
  前回に続き晴天の下での作業で、かなり暑かっただろうと思い、参加者の方に伺ったところ
  風が涼しくて心地よかったので、思ったより暑さを感じなかったそうです。
  しかし、なかなか思うように塗膜が剥げず、かなりの「苦戦」を強いられているもよう・・・
 
第1回 平成29年5月21日
  記念すべき第1回は、9名の方が参加しての作業でした。
  山口や愛媛でSLの保存活動に携わっている方も、はるばる「応援」に駆けつけて下さいました。
  本当にありがたい事です。晴天で気温もグングン上がる中、本当にお疲れ様でした。
   

HOME