更なる高みへ・・・
the Special Stage
 昨今のプラスティック成型技術の進化はめざましく、元々プラ製が殆どを占めていたNゲージも、手すりやホース類といった細かい部分まで別パーツで表現されるようになりました(お蔭で取付作業は大変になりましたが・・・www)。金属製品が半ば当たり前だったHOゲージ車両も、KATOやTOMIXといったNゲージで実績を積んだメーカーに加え、これまで金属製品を主戦としてきた天賞堂やエンドウなども参入、金属製品より大幅に安価で、しかし非常に高いクオリティの製品をリリースしています。

 価格は概ね金属製品の1/4以下ながら、彫りがシャープなのでカッチリした仕上がり。軽い車体と全軸集電による抜群の走行安定性。気になる耐久性も、Nゲージですら20〜30年と持つくらいですから心配無いでしょう。
 「
プラ製はチャチい」・・・そんな”大昔の常識”はさっさと捨て去りましょう、まずはモノを見て下さい!

 ・・・とは言え、実際に金属製品と横並びにすると、金属製品の持つ独特の質感(⇒高級感)には及ばない部分もあります。車体が半艶又はマット仕上げだったり、台車や床下機器などが成型色まんまだったり。どうしても「
プラ感」を感じてしまう部分があります。

       ・・・だったら、その「プラ感」を消すことは出来ないか?

        そこから生まれたのが「
the Special Stage」です。

トップページ掲載の本車両、実はTOMIX製品、それもノーマルグレードです。
 

左は、少し古いですが天賞堂の製品(勿論、金属製車体)です。如何でしょうか?
少しは金属製品の質感に近づいた・・・かな?

屋根廻りが分かるように、少し上から撮影してみました。
実は、TOMIX製品を仕上げる上で参考にさせて頂いたのが、左の車両だったりします。改めて、金属製独特の「質感」を感じたところです・・・

当店のレイアウトに乗っけてみました、いざ出発進行!
 
お手持ち車両の加工を承っております。
仕様や加工費用など、お気軽にお問合せ下さい。