【定例保守管理の様子  2003年5月4日】

  • 今月は、機関車磨き終了後、整備が完了した空気圧縮機の試運転を行いま
    した。


飛び入り参加の方も加わり、きれいに磨かれる59647です。


空気圧縮機を機関車本体に取り付けた後、パイプ類をつなぐ吉田大八メカニカルチーフドクター(元国鉄門司機関区検査長)と村上謙治保存機関車担当。
準備が終了後、13kgの蒸気の代わりに10kgの高圧エアーを送り込んで見事に空気圧縮機を作動させることができました。
2本のピストンが上下し、複式空気圧縮機の独特の作動音があたりに響き渡りました。
28年と5ヶ月間眠っていた59647の空気圧縮機の復活です。

このジャンルのトップに戻る●●●●●トップページに戻る